伊藤洋太

『ひと夏の切ない思いで』

中学野球の最後の大会で負けた時です。普段はめちゃくちゃ怖い顧問の先生が号泣しているときに耐えてきて良かったし、終わりたくないと本気で心が震えました。この時のがあったからこそ、今も情熱をもってお仕事ができているのだと思ってます。恋愛系はさっぱりで切なさも微塵もございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)