永田

【子どものころの夢】
英語の通訳になりたいです、という作文を書いた記憶があります。結局、英語学科に進んだものの、結果を見ることなく中国語に関心が移ってしまいました。